• 小児歯科

仕上げ磨きは何歳までしたほうがいい?

子どもの歯みがき

小学校の低学年までは仕上げ磨きを

理想としては、小学校の低学年の間は親御さんに仕上げ磨きをしてもらうことをお勧めします。小学校の低学年の時期というのは、ちょうど歯の生え変わりが次々と起こる時期でもあり、しかしまだお子さまが上手に歯ブラシを使いこなすことが難しい時期でもあるためです。

1日に1回は仕上げ磨きとお口のチェック

お子さまの年齢が上がってくると、なかなか仕上げ磨きをさせてくれないことが多いかもしれませんが、1日にうちで寝る前1回は必ず仕上げ磨きを行い、それと同時に口腔内の状況を確認することが大事です。

宮崎市清武町のノリ歯科クリニックでは、年齢や歯の生え変わりの状況に応じて、使用する歯ブラシや歯磨きの方法などをお伝えしております。気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

久保亜希子

ノリ歯科クリニック

副院長 久保 亜希子

兵庫県出身。大阪大学歯学部卒。大阪大学大学院にて矯正治療を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:矯正歯科学専攻)宮崎県内の歯科医院にて矯正医として様々な症例を経験。宮崎市清武町のノリ歯科クリニックの副院長・矯正医として子どもから大人まで幅広い矯正治療をサポートしている。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。