• 一般歯科

ナイトガードを作りたい

歯ぎしり、くいしばりが起こる原因

歯ぎしりなどの原因は、さまざまなストレスだと言われています。リラックスをした状態をつくる、顔の筋肉、噛む筋肉をほぐして緊張を取り除く、こういったことが大切です。

しかし、それでもストレス発散のため大なり小なり歯ぎしり、くいしばりをしてしまいます。無意識で行っていることなので完全に防ぐことは不可能です。

そこで、歯ぎしり、くいしばりが起こる就寝時に歯を守るマウスピース「ナイトガード」が必要なのです。

ナイトガードで大切な歯を守る

ナイトガードはプラスチック製の薄いプレートです。寝るときに装着するだけで簡単です。歯ぎしり、くいしばりをしていても歯よりナイトガードの方がやわらかいためナイトガードのほうがすり減り、歯のすり減りを防止できます。

また、プレート全体で力を受け止めるため、1点へ力の集中を避け、力が分散します。

これであなたの歯を守ります。

市販のナイトガードとの違い

通販などで簡単に手に入るものは自分で調整しなければならないため、装着時に違和感があり逆にストレスを感じてしまったり、適切に力が分散されないなどの機能的な面でも問題がある場合があります。ノリ歯科クリニックでは、患者さん一人ひとりしっかりと歯型を取り、快適な装着感としっかりと力が分散するナイトガードを患者様に提供しています。

ナイトガードは保険適用です

歯ぎしり、くいしばりを防止するためのナイトガード製作は保険で適用されています。
※スポーツ用のマウスガードは自由診療(保険外治療)です。

歯ぎしり、くいしばりでお悩みの方はナイトガードをオススメします。
ナイトガードの製作をご希望の方は、予約時に「ナイトガードの製作」とお伝えください。

 

当院では、マウスピースを用途によって下記3つの名称で使い分けています。

  • 顎関節や咬合治療用は「スプリント」
  • 歯ぎしりやくいしばり用に夜間装着するものは「ナイトガード」
  • スポーツ用は「マウスガード」

この記事を書いた人

久保法彦

ノリ歯科クリニック

院長 久保 法彦

兵庫県出身。広島大学歯学部卒。大阪大学大学院にて口腔外科を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:口腔外科学専攻)大学病院などで全身状態の管理、顎の骨折・嚢胞の摘出など治療を経験。学会誌等での論文掲載多数(水田法彦名義)。母の故郷である大好きな宮崎で開業したいとの思いから、宮崎市清武町にノリ歯科クリニックを開業。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。