• 小児歯科

むし歯になりやすいクセ・習慣

クセ・習慣

口の中に砂糖が入っている時間が長い

虫歯になりやすいクセとしては、おやつのダラダラ食いと口呼吸が挙げられます。甘いおやつを自由に与えていると、口の中に砂糖が入っている時間が長くなり、虫歯ができやすくなります。時間を決めて、1回に食べる量を決めて食べることが大事です。

ジュースやスポーツドリンクにも注意

また、ジュースやスポーツドリンクといった清涼飲料水をダラダラ飲み続けることでも同様のことが生じます。乳幼児の場合、哺乳瓶にスポーツドリンクをいれてダラダラ飲ませているとすぐに歯が虫歯になり溶けてボロボロになってしまいます。

こどもにとってのおやつは、甘いものではなく、3食の食事の補食として考え、おにぎりやフルーツ、野菜スティックなどが理想的です。

【豆知識】唾液が多い人はむし歯になりにくい

唾液が虫歯の予防に効果的なことをご存知でしょうか?歯についた食べ物の残りを流してくれる作用があったり、唾液の成分の中に抗菌作用があったりするため、唾液が多い人の方が虫歯になりにくいのです。

口呼吸を行っていると、口の中が乾いてしまい、歯や口腔内に唾液がいきわたらなくなり、虫歯になりやすくなります。

子どものころからの毎日の食生活および生活習慣が、将来のお子さまのお口の状態と密接に関わっています。宮崎市清武町のノリ歯科クリニックでは、ご希望があれば食事指導などの相談も承っております。お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

久保亜希子

ノリ歯科クリニック

副院長 久保 亜希子

兵庫県出身。大阪大学歯学部卒。大阪大学大学院にて矯正治療を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:矯正歯科学専攻)宮崎県内の歯科医院にて矯正医として様々な症例を経験。宮崎市清武町のノリ歯科クリニックの副院長・矯正医として子どもから大人まで幅広い矯正治療をサポートしている。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。