• 歯科口腔外科

マウスガードを作りたい

マウスガード(スポーツマウスピース)とは、スポーツによって生じる口の中のケガ(歯の破折や唇・頬・舌といった周囲組織の損傷)を防止、軽減する目的で口の中に装着する装置です。材料は衝撃を吸収するようやわらかい樹脂で出来ており、通常上あごに装着します。

マウスガードの効果

外傷の防止、軽減

歯が折れたり抜けたり、骨が折れたりするのを防止あるいは軽減します。スポーツ時には、人や物とぶつかったり、急な動きのために、舌や頬粘膜、唇を歯で傷つけてしまうことがあります。歯は本来ものを食べるための刃物です。この歯に覆いをかぶせることで、口の切り傷は激減します。そして、刃物である歯を覆うことはマウスガードをつけている本人だけでなく、歯で相手を傷つけることを防止する効果もあります。

頭頸部外傷、脳震盪の防止、軽減

もともとマウスガードはボクシングのために作られました。脳震盪防止も効果のひとつとされていますが、この効果は、素材の衝撃吸収性と素材の弾性で顎を固定する働きによるものと考えられています。

心理的効果、運動能力の向上

ケガをしにくい、という「安心感」もスポーツ選手にとって大きな効果を生むようです。マウスガードをつけている安心感から思い切ってスポーツできるようになることがしばしばあります。

推奨されるスポーツ

格闘技(ボクシング、キックボクシング、空手など)やコンタクトスポーツ(アメリカンフットボール、ラグビーなどの接触の多い激しいスポーツ)では装着が義務付けられているものもあります。効果的とされるスポーツとしては他にもバスケットボール、ハンドボール、水球、アイスホッケー、サッカー、柔道、相撲、スキーなどがあります。

基本的には、マウスガードは口にケガをしたり、脳震盪をおこしたりする可能性があるスポーツあるいは選手について、有効な防具であると言えます。

市販のマウスガードとの違い

スポーツ用品店でマウスフォームドタイプといってお湯につけて軟化して口の中で形作るものが多く売られています。しかし、お湯につけた熱々のマウスガードで口を火傷してしまう人がいて危険ですし、自分で形を調整して使うためうまく合わせにくかったり、装置感が良くない、呼吸しにくいなどの問題を起こすこともあります。

歯科医院で作るカスタムメイドタイプのものは歯型とかみあわせをとり、出来上がったマウスガードを口の中で微調整して完成です。カスタムメイドタイプマウスガードは、口にぴったりしていて、効果が高く、つけごごちもマウスフォームドタイプより優れており、また、カラフルな色にしたり、名前を入れることもできます。

マウスガードの金額

15,000円(税別)

※自由診療(保険適応外)
※特殊な色やネーム入りのものは要相談

マウスガードをご希望の方は、予約時に「マウスガードの製作」とお伝えください。

 

当院では、マウスピースを用途によって下記3つの名称で使い分けています。

  • 顎関節や咬合治療用は「スプリント」
  • 歯ぎしりや食いしばり用に夜間装着するものは「ナイトガード」
  • スポーツ用は「マウスガード」

この記事を書いた人

久保法彦

ノリ歯科クリニック

院長 久保 法彦

兵庫県出身。広島大学歯学部卒。大阪大学大学院にて口腔外科を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:口腔外科学専攻)大学病院などで全身状態の管理、顎の骨折・嚢胞の摘出など治療を経験。学会誌等での論文掲載多数(水田法彦名義)。母の故郷である大好きな宮崎で開業したいとの思いから、宮崎市清武町にノリ歯科クリニックを開業。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。