• 白い歯

歯のクリーニングとホワイトニングの違い

ホワイトニングとクリーニング

PMTCは細菌(バイオフィルム)の除去が目的

歯周病や虫歯の一番の原因と言われているのがプラーク(歯垢)です。毎日きちんと歯磨きをしていても全てのプラークを完全に落とすことはできません。歯の表面にバイオフィルムという強固な細菌の膜が形成されると歯ブラシだけでは取り除くことはできません。そこでご自身でのブラッシングに加えて歯科医院での専門家による機械的な歯のお掃除(PMTC)が必要なのです。

PMTCは細菌(バイオフィルム)の除去を目的としており、歯周病や虫歯の予防につながります。またフッ化物ペーストを使うことで歯の再石灰化(歯を強くする)を促進することができますし、ステイン(たばこのヤニ、コーヒー、お茶などの着色)を除去し光沢のある歯面を回復します。

当医院では、メンテナンス(定期健診)で必ずこのPMTCを行っております。

ホワイトニングは変色・着色した歯を白くする

一方、毎日歯をよく磨いていてもさまざまな要因で歯は変色・着色していきます。主な原因は内側からくるもの(内因性:加齢によるものや遺伝によるもの)と外側からくるもの(外因性:虫歯によるもの、飲食によるもの)との2つに大きくわけられます。

ホワイトニングの原理

ホワイトニングの原理は、ホワイトニング剤に主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素が分解される時に発する酸素が歯のエナメル質の色素と結びつき、色素を歯とよ透明に分解する結果、歯が白くなります。

ただし、全てに適応があるわけではなく、保険外治療にもなりますのでご興味のある方はまずはお気軽にご相談下さい。

 

この記事を書いた人

久保法彦

ノリ歯科クリニック

院長 久保 法彦

兵庫県出身。広島大学歯学部卒。大阪大学大学院にて口腔外科を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:口腔外科学専攻)大学病院などで全身状態の管理、顎の骨折・嚢胞の摘出など治療を経験。学会誌等での論文掲載多数(水田法彦名義)。母の故郷である大好きな宮崎で開業したいとの思いから、宮崎市清武町にノリ歯科クリニックを開業。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。