• 白い歯

銀歯を白い詰め物(かぶせ物)にしたい

銀歯

銀歯のメリット・デメリット

銀歯と呼ばれる金属の詰め物やかぶせ物は、強度が必要な奥歯の治療に適しています。保険治療で使用されることが多いのですが、見た目の問題だけでなく、唾液の成分で金属がイオンとして溶け出すといった問題(金属アレルギーを引き起こす可能性)もあります。

白い詰め物やかぶせ物にする治療方法

白い詰め物やかぶせ物にはプラスチックやセラミックを用いますが、銀歯を白い詰め物(かぶせ物)にする場合、残っている元の歯の量が多く、一部詰めるだけですむ場合や部位によっては保険内で治療することも可能(プラスチックを使用)です。

しかし、審美性や強度の点からいうとセラミックを用いた保険外治療の方が望ましいこともあります。白い材料にも種類があり、お口の中の環境やかみ合わせによっては適応できる場合とそうでない場合がありますし、それぞれの利点・欠点をご説明させて頂き、金額なども含めご納得頂いてから治療を進めていきますのでご安心ください。

この記事を書いた人

久保法彦

ノリ歯科クリニック

院長 久保 法彦

兵庫県出身。広島大学歯学部卒。大阪大学大学院にて口腔外科を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:口腔外科学専攻)大学病院などで全身状態の管理、顎の骨折・嚢胞の摘出など治療を経験。学会誌等での論文掲載多数(水田法彦名義)。母の故郷である大好きな宮崎で開業したいとの思いから、宮崎市清武町にノリ歯科クリニックを開業。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。