• 一般歯科

詰め物・被せ物が取れた時の対処法

詰め物が取れた時

詰め物・被せ物が取れた時はすぐに当院へ

詰め物・かぶせ物が取れた際には、なるべく早く受診されることをお勧めいたします。受診の際には、取れた物をご持参ください。戻せるかどうかは実際に診察させて頂いてからの判断となります。

放置しておくと歯が欠けたりむし歯が進行することも

詰め物・かぶせ物が取れた状態で長期間放置しておくと、外れた部位の歯が欠けてしまったり、虫歯が進行してしまい、治療期間が長引く可能性があります。また、虫歯が神経まで進行することにより、強い痛みが生じたりすることもありますので、どうかお早めに受診して頂きますようお願いいたします。

この記事を書いた人

久保法彦

ノリ歯科クリニック

院長 久保 法彦

兵庫県出身。広島大学歯学部卒。大阪大学大学院にて口腔外科を専門的に学び博士号を取得。(歯学博士:口腔外科学専攻)大学病院などで全身状態の管理、顎の骨折・嚢胞の摘出など治療を経験。学会誌等での論文掲載多数(水田法彦名義)。母の故郷である大好きな宮崎で開業したいとの思いから、宮崎市清武町にノリ歯科クリニックを開業。

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。