• お知らせ

はじめよう!3歳までの口腔ケアでキレイな歯並びへ

子どもの矯正

将来のキレイな歯並びは3歳までの口腔ケアが重要

当然ですが、小さなお子さまは自分でケアすることができません。パパ・ママがしっかり口腔内を管理してあげることが大切です。

特に3歳までの口腔内の健康状態が、将来に渡って影響することが研究でも明らかになっています。

歯並びの原因

適切な口腔ケアでむし歯感染率が大幅に減少

ある調査では3歳までにしっかりと口腔ケアを行った場合、7歳の時に虫歯菌の感染率が約半分になったという調査結果がでています。

1歳半〜2歳半の乳歯が生え始める時期は、虫歯の原因となるミュータンス菌と呼ばれる菌に感染しやすいと言われており、その後のお口の健康を決める最もの大切な時期だと言われています。

乳歯だからこそ適切な処置を

「乳歯はむし歯になっても、永久歯が生えてくるから大丈夫だろう」と考えている方も少なからずいらっしゃいますが、「乳歯」だからこそ適切な治療が重要です。

例えば乳歯が虫歯になり、抜歯することになるとその後生えてくる永久歯のスペースがなくなり、歯並びがガタガタになるなど影響してしまいます。また、むし歯で膿が溜まると本来白いはずの永久歯が部分的にくすんでしまったり、弱い歯になることが研究で証明されています。

健やかな成長のためにも1度健診にお越し下さい

ノリ歯科クリニックでは、健診を通じてお子さまが大人になっても自分の歯でしっかりおいしい食事を採れるように「歯並び」のアドバイスもしています。お子さまのお口の中を1度も歯医者さんで見てもらったことがないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ早めのご予約をお願いします。

ノリ歯科クリニックドクター

スマホアイコン

端末を縦にして御覧ください。